アドレス(URL)を変更していますのでブックマークされている方は変更してください。
<< ホームへ戻る

憲昭からの発信

憲昭からの発信 − 談話

【07.10.30】名工大局定員大幅削減問題について

 佐々木憲昭議員が提出していた国立大学法人・名古屋工業大学(名工大)局堯別覺嵒堯砲梁臧な定員削減問題に関する再質問主意書に対し、このほど政府から答弁書が送付されました。
 この答弁書に対し、佐々木議員は、談話を発表しました。

佐々木憲昭議員の談話

目的は明らかに夜間部切捨てだ
 2回におよぶ質問主意書に対し、名工大当局が進めている大幅な局定数削減計画がいかに道理のないものか、そして家庭などの事情で働きながら学びたいと願う多くの青年の気持ちを踏みにじるものかが明らかになった。政府は、「社会人に広く夜間教育の門戸を開く」といいながらも、個別には、「大学の自主性・自律性」の名のもとに局瑤虜鏝困鬚佑蕕β膤愨Δ糧獣任髻崑砂鼎垢襦廚箸梁崚戮鯤僂┐討い覆ぁこれは明らかに夜間部切り捨てを目的とするものであり、国民の教育権を守るうえでも許すことができない。


Share (facebook)

このページの先頭にもどる