アドレス(URL)を変更していますのでブックマークされている方は変更してください。
<< ホームへ戻る

東海での活動

東海での活動 − 政府への要請静岡県雇用・労働者の権利

【08.07.11】スズキが2年分の残業代未払いを是正

 浜松市に本社がある軽自動車大手のスズキ蠅量なГせ超搬緻簑蠅如同社が、過去2年3ヶ月分の残業時間を調査するように指示していたことが分かりました。

 ひらが高成比例候補やスズキの労働者が労基署や政府交渉でくりかえし是正を迫った成果です。
 スズキはこの間、労基署から4回にわたり是正指導を受け、過去3ヶ月分の不払い残業代を支給してきましたが、ひらが氏らは、法律どおり2年間さかのぼって支給するように求めていました。
 佐々木憲昭議員も、6月に質問主意書で労基署がスズキに「2年間さかのぼって払えとはいえない」という態度をとっていることを政府に質してきました。
 今回、スズキは事務、設計、営業関係の労働者を対象に、6月に支払われた昨年9月からの3か月分の調査に続き、2005年12月から今年2月までの残業時間について、個人使用のパソコン記録を確認して申請するように社内文書を出したものです。
 こんどの調査指示は、法令を守れという世論に、スズキが従わざるを得なくなったものであり、大きな成果です。
 スズキは、労働時間の自己申告制度を改め、客観的な記録方法尾導入すべきです。


Share (facebook)

このページの先頭にもどる